流れを掴むためにするべきこと【ピオン社長ブログvol.44】

  • 282

みなさん

おはようございます。前澤です。

本日は、未来プロジェクトビジョン構築強化合宿で三島にきております。

この合宿の報告は後日改めてさせて頂きますが、とても良いディスカッションができていると感じております。

最近、色々なインプットとアウトプットをくり返し、自分の考えが常にアップデートされている感じがしております。。。

なので、自分の考えを整理するためにも、ブログを更新させて頂いております。

ブログを読み返してみると、良い意味で

「あれ?こんなこと書いたっけっ?結構、いいこと言っているなー」

ってなることが結構あります。

そのため、書いておかないと、せっかく思いついた良いことを忘れてしまうのかもしれません笑

 

さて、本題に入ります。

 

今日は、先日よりお伝えしているMG研修で学んだこと、その②「流れを掴むためにするべきこと」をお伝えします。

昨日、MG研修では研究開発をいっぱいすると有利とお伝えしましたが、そんなことは他の参加者の方々もわかっており、当然みなさんも研究開発をいっぱいやられます。

特に、このダイビングMGはベテランの方々ばかり会なので、研究開発の嵐です。

みんな同じことをやってきているということです。

そんな中で勝つことができたのは、ただ一つしかありません

「運が良かった」

ただそれだけです。

本当に運だけ?って言われてしまうかもしれませんが、ゲームに勝てた理由は運が良かっただけです。

ただ、「運が良かった」には理由があると思っています。

これが僕の「流れを掴むためには?」の学びになります。

流れを掴むためには運を掴む必要があります。

運を掴むためには、月並みではありますが、日頃の行い、考え方、努力をし続けることなんだと思います。

決して、僕がいつも素晴らしい生活や、考え方をしているというわけではありません。

が、今回は、僕は「佳恵先生やみんなにに楽しんで欲しいなー」って思って20年ぶりにラップを作りました。

ここ2ヶ月の休みの日の半分は部屋でこもってラップを作って、歌詞ができたら、1日5回、閉店後会議室で一人で練習をしていましたw

自分の実力やリズム感のなさに結構落ち込んだり、自己嫌悪になったりもしました。

そんなことやっている暇があったら。。。って言われそうですが笑

ここで言いたいのは、ラップを作ったから勝てたということではなくて。

「みんなを楽しませたい」という気持ちと行動をどこかで神様が見てくれてくれて、「今回は頑張ったから、ご褒美をあげよう!」と優勝させてくれたんだと思います。

現実世界でも同じことが言えて、

日々、どれだけ、お客様や仲間のことを考えて、期待に応えたい、喜んでもらいたいと思って行動できるか、努力できるかがビジネスの世界でもとても重要ということです。

何も大きなことをし続けるということだけじゃなくて、日々できる

笑顔でいること

元気に挨拶をすること

掃除をすること

整理整頓をすること

悪口、影口は言わないこと

など、日々の行いや考え方って成果を出すためにはとても重要で、その日頃の行いや考え方は常に、見返りを求めず周りの人に喜んでもらいたいからそれをやる。そんな純粋な気持ちをどれだけ持ち続けて、行動し続けるかが大きな目的や目標を成し遂げる上でとても重要ということを改めて学びました。

僕自身、決して、人に胸をはって、日頃の行いがいいですよー、努力してますよーと言えたギリでもないし、時に、よくない考えや行動をしてしまうこともあるのですが、そういったことを少しでも抑えて、会社をより良くするために、少しでも良い行いや良い考えができるように努力していきたいと思っております。

それでは、今日も頑張って行きましょう!