キエルキンの社長さんとお会いしました【ピオン社長ブログ vol.26】

  • 379

皆さん

おはようございます。前澤です。

先日、キエルキンの社長さんとお会いして、1時間ピオン清水店にあるカフェ、キッチン5でお互いのビジネスについてお話しをさせて頂きました。

キエルキンとは、ラジカルラボという会社の商品名で、アルコールではなく次亜塩素酸という原料を使った抗菌剤を飲食店、小売店、幼稚園などにご提供されています。お会いした石田社長は、そのラジカルラボの社長さんでいらっしゃいます。

爽やかな優しい笑顔の社長さんで、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。その優しい笑顔とはウラハラに。とても芯が強く、日々努力されている姿が、その風貌から連想されてとても印象的でした。

なんと、全国で1300の幼稚園施設にキエルキンを無償提供されているようです。

新規開拓は、一つ一つの幼稚園に対して社長の石田社長が直接アポを取り、キエルキンと園児の安全について園長に話され、その後、無償提供をし続けるそうです。

「最初は販売しようと思っていたんだけど、教育現場の方々に営業にいくと、お金儲けは外でやってきてくださいって門前払いをされ続けてしまったんですよ」

と笑顔で話す石田社長。

その後、

販売できないなら無料で提供してしまおうという逆転の発想をされたようです。

 

僕は大変感銘を受けました。

 

自分たちのビジネスよりも園児の安全の方を優先する信念。

今まで断られ続け、傷ついたこともあると思います。しかし、その相手に対して遠ざかるわけはなく、むしろ、無料で提供することで信頼関係を築き、信念を実行する姿勢。

そこには、自分の利益ではなく、相手が中心であることなのではないかなと感じました。

そして、提供し続けること、継続し続けることのすごさ。次亜塩素酸は消耗品です。なくなったら次は発注してね!じゃなくて、リピート分も無償提供されている。本当にすごいです。

 

名刺に大きく「子供たちの集団感染を防ぐ」と書かれている石田社長。

その大きな使命感と実行力に大変ありがたい刺激を受けました。

素晴らしい経営者にお会いすると、自分に何ができるかを常に考える刺激と反省する機会を与えて頂きます。

信念を持ち行動すること、行動し続けること

学ばせて頂きました。

 

ありがとうございました。